特定非営利活動法人 アースエイド ソサエティ
〒150-0047 東京都渋谷区神山町31-1
  Tel. 03-3460-1000 / Fax. 03-5465-0051
  ds@dewisukarno.co.jp
NPO法人アースエイドソサエティは、世界中の人々が民族、国境、言語、宗教、歴史を越えて、
強い兄弟愛で結ばれること願い、2005年 デヴィ・スカルノ夫人により設立されました。
 日本語   ENGLISH
設立の説明 ・理念
Activity・Charity・ご寄付
アースエイドソサエティ

政治の犠牲者である

世界中の難民、

また天災による被害者の方々、

地球の自然破壊、

そして恵まれない人々、

すべての人に

愛の手を 差し伸べることが

私たちの願いです。

〜 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
CONACT

特定非営利活動法人 
アースエイド ソサエティ

〒150-0047 
東京都渋谷区神山町31-1

Tel. 03-3460-1000
Fax. 03-5465-0051
ds@dewisukarno.co.jp


ACTIVITY ・ CHARITY ・ ご寄付
NPO法人/NGO アース エイド ソサエティについて
デヴィ・スカルノ夫人は 世界中の人々が、宗教、民族、国境、言語、歴史を越えて、強い兄弟愛で結ばれることを願い、NPO法人 アース エイド ソサエティを2005年に設立されました。

以後、NGOとして、北朝鮮の赤十字社を通して朝鮮民主主義人民共和国に120トンの精米を夫人自身で列車で運び、寄贈されました。

1袋50kgの袋には、“愛をこめて デヴィ スカルノ”と書かれたお米を贈りました。

その後、パキスタンの赤新月社を通して、2556枚の毛布と、3500枚の防寒着をカシミール地方の地震の被災者の方々に夫人自身で運び、寄贈されました。

また、国内では、慈恵病院の赤ちゃんポスト『こうのとりのゆりかご』に30万円、NPO法人あいアイに30万円を贈られました。

デヴィ スカルノ夫人はチャリティ イベントの収益より、これまでに日本赤十字社へ 1,875万円、NPO法人/NGO難民を助ける会へ 2,875万円、国連傘下のマルタ勲爵士団へ 1,196万円を寄付いたしました。

個人的には、過去に10万ドル(1,100万円)をU.N.E.P.(国連環境計画)に寄付、スペシャル オリンピックスの日本開催(長野)時に100万円寄付されました。

夫人が特に力を入れていらっしゃるのは、政治の犠牲者である、世界中の難民、また天災による被災者の方々、地球の自然環境破壊、そして恵まれない人々、すべてに愛の手を差し伸べることです。
ニューヨークに10年(1990年〜2000年)滞在されていた際には、U.N.E.P.(国連環境計画)の特別顧問として消えゆく生態の保護、熱帯雨林の保護、先住民の生活と権利の保護、人間社会の環境の保護と促進に力を入れてこられました。

文化面でも、NPO米国財団法人 IBLA Foundation (イブラ国際音楽財団)の会長である夫人は、創設者の一人としてオペラ歌手とコンサートピアニスト他の育成に尽力されています。 http://www.ibla.org/








アースエイドソサエティの活動 2005年10月平壌
2005年10月にアースエイドソサエティでは、 朝鮮民主主義人民共和国の赤十字に 精米、120トンを寄付しました。

『愛をこめて デヴィ スカルノ』

デヴィ夫人が直接、国民会議副議長のカン様にお会いし、
お渡ししました。


パキスタン カシミール地方大地震被災地訪問 2005年12月〜2006年1月
2005年の年末から2006年の年明けにかけて、パキスタンへ訪問、カシミール地方の大震災の被災地を訪問され、2,556枚の毛布と3,500人分の防寒着をプレゼントされました。

カシミール地方大震災は2005年10月上旬にパキスタン北部、 カシミール地方を襲ったマグニチュード7.6の大地震でした。大地震での犠牲者はおおよそ8万人にものぼる、大災害で、貧しい人々の家屋を崩壊しました。

被災者キャンプにデヴィ夫人自ら訪問され、毛布を一枚一枚、被災者の方々に手渡されました。




The IBLA International Foundation
米国財団法人 イブラ国際音楽財団について

イブラ音楽財団は、毎年初夏、シシリー島のローマ帝国時代の古都イブラにおいて、世界各国から集まった200余名におよぶオペラ歌手、コンサートピアニスト他のコンテストを開催、その優勝者に イブラ グランド プライズを与え、カーネギーホール、リンカーン ・ センターなどでコンサートを行い、世界に紹介し、一年間の育成を行っています。

デヴィ スカルノ夫人 はこの財団の会長をされています。

創設者サルバトーレ モルティサンティ 教授は、イタリー・ボローニャ大学卒、ヨーロピアン ピアノ ティーチャーズ アソシエイズの会長であり、シシリア アカデミーの会長、ヨーロピアン コンペティション フォーコンポーザーズの会長、ベリーニ ボーカル コンペティションの会長を務められています。


IBLA Foundation
http://www.ibla.org/




NPO法人 あいアイ
NPO法人あいアイは、年齢、性別、国籍そして障害の有無を問わず活動し、創作活動の成果を障害者の自立の一助とする活動をされています。

http://www.aiai-art.jp/index.html



こうのとりのゆりかご
こうのとりのゆりかごは、熊本県の医療法人聖粒会慈恵病院が設置する、赤ちゃんポストです。

赤ちゃんポスト(あかちゃんポスト)とは、諸事情のために育てることの出来ない新生児を親が匿名で養子に出すための容器、およびそのシステムの通称として認知されています。

2000年にドイツで始めて赤ちゃんポスト、『ベビークラッペ』と呼ばれる赤ちゃんポストが設置されました。多くの捨て子の赤ちゃんの半数が凍死して発見されたことが契機とも言われています。

慈恵病院では、2006年に設置を計画し、2007年5月10日から設置開始しました。新聞紙上にも、赤ちゃんポストに赤ちゃんが置かれるたびに記事になってきました。

設置に伴い、多くの方々から寄付があったため、こうのとりのゆりかご基金を設立されました。

アースエイドソサエティも、こうのとりのゆりかごの取り組みに共感し、寄付をさせていただきました。


あいアイの画伯の方々が描いたデヴィ夫人、作品ほか



2008年度 ザ・グランド インペリアル チャリティ バンケット

2008年の“ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット”が
9月20日(土)目黒雅叙園にて開催されました。

N.P.Oアース エイド ソサエティが主催するチャリティで、
「日本赤十字社」と「難民を助ける会」のために毎年行われ、
今年で11年目となります。

これまでに、下記団体へ寄付して参りました。
     
 
■ 「日本赤十字社」に1,575万円、
■ 「難民を助ける会」に2,475万円、
■ 「マルタ勲爵士団」に1,196万円、
■ 北朝鮮の「赤十字社」に120トンの精米、
■ パキスタンの「赤新月社」に2,556枚の毛布と3,500人分の防寒着を

■ 「スペシャルオリンピクス」に100万円、(夫人個人)
■ 「愛知県心身障害コロニー」車椅子5台をに、
■ 「NPOあいアイ」に27万円、(夫人個人)
■ 「こうのとりのゆりかご」に30万円、(夫人個人)

■ 国連環境計画に10万ドル(夫人個人)
 
     
協賛、ガルーダ インドネシア航空会社、サントリー株式会社、サカイ トレーディング株式会社

ブルガリア大使、元国連大使ご夫妻
皆様方の多大なるご支援のもと、本年も素晴しい会となる事が出来ました。
チュニジア大使ご夫妻
 アフガニスタン大使 
 Haron Amin閣下のスピーチ
ブルガリア大使 
Blagovst Sendv閣下の乾杯



2010年〜2011年 動物愛護運動
2010年2月12日 三原じゅん子議員を訪問、動物愛護法改正の為、藤村晃子さんが 集めた署名をお渡ししました。
代々木公園にて動物愛護改正をもとめるデモに参加。
2011年2月26日
浅田美代子さん、藤野真紀子さん、故・坂本九氏のお嬢さん舞阪ゆき子さんも参加
一般社団法人 日本動物虐待防止協会の藤村晃子さんの呼びかけではじまりました。
滋賀県の「ボランティア110番動物園」を訪ねました。
園長の有城覚さんのご家族と 2010年9月23日
元京都府警のお巡りさんの有城覚さんが、傷ついた動物のシェルターをされています。
NPO法人ARKの代表エリザベス・オリバーさんと。
犬、猫、小動物など400頭を保護されています。
坂本九のお嬢さん舞阪ゆき子さんが、犬目線で歌う「ボクのものがたり」CD発売イベントにて。
動物愛護活動家の藤村晃子さんと
2011年1月30日
全日本社会貢献団体機構にてスピーチ。2011年7月20日
藤村晃子さんが その功労を認められ 補助金を授与。
たった ひとつの 命だから…
宮城県動物愛護センター。
2011年6月17日





2011年6月1日、6月17日〜19日 東日本大震災 被災地視察
「3月11日に起きた、東日本大震災、津波、そして 福島原発事故と、未曾有の災害が続きました。
そして3月26日に 東京の金町浄水場の水道水から放射性物質を検出したと発表され、日本全国がパニックに陥り、全てのスーパーから お水が消えました。

私は、被災地と近郊の乳児をお持ちで、母子手帳を提出された方々に、福岡、熊本、高知、広島、豊橋の友人方から送られた ミネラル・ウォーターを送り続け、その後3回にわたり、沢山の物資を持って福島・宮城の避難所、動物保護センターに出向き、計23か所を視察・慰問に訪れました。」
震災後、3ケ月が過ぎようとしているのに、
南三陸町の津波の被害の現場の状況に驚き、
ただただ、立ち尽くすしかない、私と谷隼人氏。
(2011年6月1日)


詳細はこちらをクリックしてご覧ください。



2012年8月4日、5日   東北 ゆかた支援 子供の夢ゆかたプロジェクト      
陸前高田市を訪問
押しつぶされた車の数々
日常生活に戻りつつも、こんなにも 瓦礫が未だに
昨年も訪れた 南三陸町の災害防災センターで お祈り
米ア保育園にて、着物・浴衣 無料配布に並ぶ皆様方
2日目の会場 南三陸町の災害ボランティアセンター
好きなゆかたを 何着も 選べるので争奪戦!
スタッフの皆さんと
着物・浴衣は 全国の呉服店等から寄せられたもの
NPO 「きものを着る 習慣をつくる 協議会」の理事長中塚一雄氏と
スタッフの皆さんと
東京支部長の「わび庵」の林芳郎氏
秋田から、渡邉恵子さんが応援に



2012年9月2日  「動物愛護法改正」を求めるデモ 代々木公園  
代々木公園に沢山の方々が集結、感謝です
日本動物虐待防止協会の代表 藤村晃子さんと
平成22年1年間の殺処分数は犬5万3317匹、猫15万8705匹
シュプレヒコールを行いながら 東京の街をデモ行進
「Stop the killing!」
「Start the rescue!」
「悪徳ブリーダーを 排除せよ!」
「二酸化炭素ガス 殺処分を 禁止せよ!」
プラカードや幟を持ちより
不幸な動物を救おう!
動物実験から動物たちを守る法律を!

Copyright (C) 2012 Earth Aid Society. All Rights Reserved.